梅のレシピ

梅干し
A 梅を漬ける
★梅(完熟梅)3㎏ ★粗塩450g(15%) ★焼酎(甲類)50㏄ ★梅干し用タル10号 ★落とし蓋
★重し

1.梅は1時間程度水につけておく。(*梅の完熟度に より長さは調節する)

2.洗った梅は丁寧に水気を拭きヘタを取る。

3.半量の梅をボール等に移し、半量の塩、半量の焼酎をかけ、梅全体に塩をからませる。

4.よくからまったら、ボールのまわりに付いた塩も一緒にタルに入れ、残りの梅も同じようにする。

5.落とし蓋をして、梅と同量の位の重しをする。

6.2・3日で梅酢が上がってくるが、すっかり梅酢につかるまでは、やさしく天地返しを繰り返す。

7.落とし蓋の上まで梅酢が上がったら、重しを梅が浮いてこない程度に軽くして、時折様子を見ながら干す時期を待つ。紫蘇漬けにする場合は紫蘇が出回る時期まで時折様子を見ながら待つ。

B 紫蘇に漬ける
★紫蘇 1束(葉だけ200g~250g) ★塩 40g ★梅酢 50㏄

1.葉だけを摘み取り、洗って水気をよく切る。
2.葉の半分をボールに移し四分の一の塩で干し切れない程度に押しもぬ。
3.黒紫のアクが出るのでよく絞り、液は捨てる。
4.もう一度四分の一の塩をまぶしもみ液は捨てる。
5.残りの紫蘇も同じようにする。
6.紫蘇に梅酢をかけ、発色させたらタルに入れる。
C 干す
3日間晴れる日を選び、干し始める
1.網やザルの上に並べ、途中で裏返し全体を乾くようにする。

2.1日目は朝から16時くらいまで干して梅酢に戻す。

3.2日目は紫蘇も干し始める。この日は梅は取り込まずに夜干しをする。

4.3日目の朝に裏返して干し、午後の早めに取り込んで保存容器に入れる

5.梅酢もよく日光に当て、こしてからビン等で保存する。

6.紫蘇はよく乾燥させてから細かくして「ゆかり」にする。

注意事項
★カビは大敵
梅の水気はよく拭き取り、タルや落とし蓋は焼酎やホワイトリカー等で消毒しておく。
★雨に濡れてしまったら、よく乾かしてから梅酢に戻し、始めから繰り返



















梅酒 梅ジュース(小梅でも作れます)
★梅(青梅又は完熟梅)2㎏ 氷砂糖 1㎏
★ホワイトリカー 1.8L
★5Lビン ★竹串 1本

1.梅は洗って水気をよく拭き竹串でヘタを取ったらビンに入れる。
2.氷砂糖、ホワイトリカーを入れる。
3.3ケ月経ったら出来上がり。














★梅(青梅)2㎏ ★氷砂糖 1.5kg ★酢 50㏄
★5Lビン ★竹串 5~6本

1.梅は洗ってザルにあけ、水をよく切る。
2.ビンの底が見えなくなるくらい氷砂糖を入れる。
3.1粒ずつよく水気を拭き取ったらヘタを取り、梅全体に竹串で穴をあけビンに入れる。(小梅は穴あけ不要)
4.その上に氷砂糖を入れる。
5.以上の作業を繰り返し、最後は多めの氷砂糖で終わるようにする。
6.酢を50㏄くらい回し入れる。
7.毎日、梅全体に果汁がかかるようにビンを揺する。
8.氷砂糖が溶けたら出来上がり。(約2週間)
9.ジュースはペットボトル等に入れて冷蔵庫で保存する。

★しわになった梅は・・・
梅がかくれるくらいのシロップ(水・砂糖)で煮るとふっくらとなり、美味しい煮梅になります。
★濁ったり、ビンの周りに泡出てしまったら・・・
果汁だけ鍋に移し、ふきこぼれないように15分くらい火を入れる。冷めたら、ビンに戻す。
梅ジャム ねり梅
★梅(黄色く熟した梅)1㎏ ★砂糖 700g
★竹串 1本

1.梅は洗って3~4時間程度水につけてアクを抜く。
2.水気をよく拭き竹串でヘタを取る。
3.梅を割り、種を取る。
4.砂糖を混ぜ、汁が出たら中火にかける。
5.沸騰してきたらアクを取り、焦げないようにかき混ぜながらとろみがつくまで煮詰める。
★梅干し(種込み)200g ★みりん 50㏄
★砂糖 大さじ1 ★梅酢 10㏄

1.梅干しは種を除き、まな板の上で包丁でなめらかになるまでたたく。
2.みりん、梅酢、最後に砂糖を混ぜ合わせる。




ぱりっと甘梅 梅みそ 梅しょうゆ
★梅(青梅) 2㎏ ★梅干し用タル10号 ★氷砂糖 500g ★竹串
★塩 300g ★酢 300㏄

1.梅は洗って水気をよく拭き、竹串でヘタを取る。
2.梅に塩をまぶし、梅と同量の重しをして2日程漬ける。
3.浸かった梅を梅割り機(無い場合は瓶等)で割り、流水で塩抜きをして水を切る。
4.砂糖と酢を混ぜた液を作り、日の当たらない涼しい場所で7日以上漬ける。
5.梅だけ取り出して冷蔵庫で保存する。

★梅(青梅) 500g ★みそ 500g ★砂糖 500g ★ 竹串 1本

1.梅は洗って水気をよく拭き、竹串でヘタをとる。
2.みそと砂糖を練り合わせた中に、梅を漬けこむ。

3週間くらいして固くしわが寄ったら、エキスが出た証拠・・

3.実は取り出して、みそは冷蔵庫で保存。

みその種類や好みで砂糖の量は加減する。
★梅(青梅) 500g ★しょうゆ 900㏄(梅がひたる程度) ★竹串 1本

1.梅は洗って水気をよく拭き、竹串でへたをとる。
2.瓶に梅としょうゆを入れる。
3.日の当たらない涼しい場所で保存し1ヵ月経ったら、梅としょうゆを分け、冷蔵庫で保存する。